以前のサラ金で高金利で100万以上借りていたら

昔はサラ金というと20%を超えるグレーゾーン金利でお金を貸していて、
返済できなくなると厳しい取り立てがありました。
中には最初は100万円の借入でも利息がどんどん膨らんでしまって、
返済しても返済しても減っていかないケースも見受けられました。

利息制限法について

しかし最近では利息制限法の上限を超えてお金を貸してはいけないと定められています。
利息制限法の上限は借入額に応じて変わります。

借入額10万円未満は年20%まで、
10万円以上~100万円未満は年18%まで、
100万円以上は年15%まで
です。

この上限を超えた分については無効になります。
これは現在だけじゃなく過去に借りた分も無効になるので、
以前にサラ金からグレーゾーン金利で借りていた方は
過払い金請求を行うと取り戻せます。

サラ金に対して取引履歴開示請求を行い、利息制限法に基づいて利息を再計算します。
取引履歴には貸付年月日、貸付金額、返済年月日、返済額など
過去の取引が記載されています。
サラ金には取引履歴の開示義務があり、この請求を拒むと営業停止や
登録の取り消しなどの行政処分が下されます。
処分があるわけですがサラ金の中には取引履歴の開示を拒むケースもあります。
ご本人ではなかなか難しい場合は専門家である弁護士、
または司法書士に相談してみてください。
現在のキャッシングではきちんと利息制限法を守っていますし、
返済に滞納したからと言って厳しい取り立てをすることは無くなっています。
きちんとしたキャッシング会社さえ選べれば安心です。