悪徳業者の場合

登録を行っていながらも、法外な利息を要求してくる悪徳業者。
さまざまな法改正や取締りなども行われているにもかかわらず、
こういった業者は残念ながらなくなるということはないようです。

ひととおりの登録などを行っているのになぜ?
とも思えることではありますが、貸金業者というのは
利息分だけが純粋な利益となるわけで、
高金利で融資を行うということが
手っ取り早く利益を得る為の近道であることは
否定できません。

また、こういった業者の多くは、融資を行うまでは
法律に則った営業を行っていることを装っている場合がほとんどです。
ですから、悪徳業者かどうかの見極めについては、
あからさまにヤミ金業者であると判断がつくような業者よりも
さらに厄介であるといえますね。

他業者への紹介なども

審査において他社では通り難いといった条件の場合ほど、
その弱みに付け込まれる可能性が高くなってきます。
例えば、うちでは融資することはできないけど、融資が可能な他社を紹介する。
などといったやり方で、うちの紹介でなければ融資は不可能などといって、
紹介料を不当に要求してくるなどの例もあります。

また、紹介した他社というのが、実は同一の業者で
経営している大元は同じである場合や、紹介先ではこのような金利になる。
などという風に、金利を吹っかけられてしまったりというケースも多いようです。

信用情報の操作

これまでの借り入れの履歴などが照会できる信用情報について、
これらの情報を消してあげるとか、借り入れ枠を増やしてあげるなどといって、
手数料をだまし取る、いわゆる消し屋などと呼ばれる業者も存在します。

しかし、実際には信用情報を操作するということは不可能です。
手数料だけを取られてしまう結果となりますので、
こういった類のことを言ってくる業者には関わらないようにしましょう。